ダイエット出張ジムボディライブ | 宇都宮☆マン

 

宇都宮のパーソナルトレーニング

ダイエット出張ジムボディライブ

Meal nutrition食事・栄養

2018.10.20

GI値とダイエットの関係とは?

こんにちは。宇都宮のパーソナルトレーニングジム、ボディライブの山岸です。

今回の記事では、GI値について説明していきます。

以前の記事で、インスリンの分泌が体脂肪や筋肉の合成に重要な役割を担っていると説明しました。

インスリンは主に糖質の摂取により、血糖値が上がることで分泌されますが、実は糖質の吸収スピードによってインスリンが急激に分泌されたり、穏やかに分泌されたりします。

これを数値化したのがGI値です。GI値が高いほど糖として体に吸収されやすく、血糖値が急上昇します。血糖値が急上昇すればそれだけインスリンも大量に分泌されます。

インスリンが大量に分泌されるということは、それだけ体脂肪もつきやすいということが一般的に言われています。

つまり特にダイエット時には、GI値の低い糖質を摂取することが大切になるわけです。
 

GI値の高い糖質は

  • 餅:85
  • 精白米:84
  • もち米:80
  • 赤飯:77

逆にGI値の低い糖質は

  • はと麦:48
  • 赤米:49
  • 黒米:50
  • 発芽玄米:54
  • 五穀米:55

上記は一例ですが、精製度の低い糖質はGI値が低めになっています。これは、糖質以外のビタミンやミネラル、食物繊維が多く含まれているためです。

ただ、GI値の高い食品でも、油ものや食物繊維が豊富なものと一緒に食べるとGI値を低くすることができると言われています。
 

ここで、GI値を下げるのポイントをいくつかお伝えします。

  • K(濃い色)、K(硬い)、S(シュガーレス)を目安に食品を選びましょう。
  • GI値の高い食材は、生・冷たくして食べましょう。
  • 衣に使われる小麦粉は高GI値です。揚げ物は素揚げがおすすめ。
  • お酢、食物繊維、乳製品やオリーブオイルには、食材のGI値を下げる効果があります。

GI値の低い食品は上記でも言ったとおり、天然のビタミンやミネラルを補給できる点でも優れています。また、インスリンの急激な分泌はインスリンショックや血糖値スパイクを起こしやすく、健康上あまりよいとは言えません。

健康的な生活を送るためにも、GI値の低い糖質を食べることは意義があります。さらにダイエット中は食物繊維が不足しがちになり、腸内環境が悪化しやすいため、食物繊維の豊富なGI値の低い糖質はこの点でも優れています。

 

宇都宮のパーソナルトレーニングジム ボディライブ

詳しくは下記のリンクから

ボディライブホームページトップ

COMMENTコメント

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して宇都宮☆マンは一切の責任を負いません