ダイエット出張ジムボディライブ | 宇都宮☆マン

 

宇都宮のパーソナルトレーニング

ダイエット出張ジムボディライブ

Meal nutrition食事・栄養

2018.10.22

トレーニング中のマルトデキストリンについて

こんにちは。宇都宮のパーソナルトレーニングジム、ボディライブの山岸です。


今回はトレーニング中に瞬発的なエネルギーとなる糖質、つまりマルトデキストリンを摂取することは効果的なのかお伝えしたいと思います。


マルトデキストリンとはサプリメントとしても売られていて、簡単に言うと吸収率のよい糖質です。


筋肥大を目的とした高強度のトレーニングは筋肉中に蓄えられたグリコーゲンあるいは血中に運ばれたグルコースといった糖質からエネルギーを得ます。


つまり吸収の早い糖質、マルトデキストリンを摂取することで、トレーニングのパフォーマンスが改善されます。


トレーニングのパフォーマンスが改善されれば、それだけ質の良いトレーニングができ、結果筋肥大にも有効だと考えられます。


普通のマルトデキストリンを使用する場合、糖質濃度として6%程度に抑えることにより、胃もたれしにくく、吸収を適度に早めることができます。


体重70kgの方であれば、1リットルの水に40g程度のマルトデキストリンを入れてトレーニング中に飲み切ります。


マルトデキストリンはGI値が高いため、血糖値スパイクが起きやすいですが、運動中であれば筋肉でのインスリン感受性やアドレナリンなどのホルモンがインスリンの分泌を抑えてくれるので大丈夫かと思います。


また、トレーニング中の糖質摂取が、免疫力の低下を防ぐといったこともあるようです。

 

マルトデキストリン以外にも、クラスターデキストリンというものもあり、これは、マルトデキストリンに酵素分を作用させて製造します。

 

クラスターデキストリン低浸透圧であるため、膨満感や不快感が無くパフォーマンスを損なわないため、マルトデキストリンでこういった不快感がある人は試してみると良いと思います。

 

クラスターデキストリンは、糖質濃度として10%程度くらいでも大丈夫なようですよ。



 

宇都宮のパーソナルトレーニングジム ボディライブ

詳しくは下記のリンクから

ボディライブホームページトップ

COMMENTコメント

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して宇都宮☆マンは一切の責任を負いません