ダイエット出張ジムボディライブ | 宇都宮☆マン

 

宇都宮のパーソナルトレーニング

ダイエット出張ジムボディライブ

trainingトレーニング

2018.11.05

トレーニングテクニック「チーティング」とは

こんにちは。宇都宮のパーソナルトレーニングジム、ボディライブの山岸です。


ウエイトトレーニングは基本的に反動を使わずに対象筋にのみフォーカスした動きで行います。


これをストリクトといいますが、ストリクトに動作を行っていくと重りが上がらなくなり、やがて持ち上がらなくなりますよね。それを乗り越えるためのテクニックがチーティングです。


トレーニングにおいて一番きついところをスティッキング・ポイントといいますが、言い換えればこのスティッキング・ポイントを乗り越えることが目的です。そうすることで、さらにレップ数を重ねることができ、より筋肉へ刺激を与えることができるというわけです。


バーベルカールという上腕二頭筋のトレーニングを例に挙げると、肘が90度になったところで体を後方へ反らし、その勢いを利用し肘を曲げていくといった具合です。


チーティングの一番のメリットといえば、ネガティブでの刺激をより筋肉へ与えることができるということです。


なぜなら筋肥大の効果はネガティブ、つまり筋肉が引き伸ばされながら力を発揮するエクササイズが高いためです。


また、ネガティブは重い重量を扱うことができるのです。いつもより重い重量でポジティブ(筋肉が縮みながら力を発揮する動作)をチーティングで上げ、ネガティブはコントロールしながらゆっくり下ろすことで、いつもよりネガティブ動作の刺激を筋肉に与えることができます。


こういった使い方が本来のチーティングの使い方だと思います。ただ、重い重量を上げたいがためにフォームを崩してまでガンガン振り回しているのでは、いつかケガをするでしょう。


ただ、トレーニング種目によってはチーティングに向かないもの、というかできないものもあります。サイドレイズなどの立位で行う種目は比較的行いやすいですね。


基本的にはストリクトに行うことが大切ですが、たまには違った刺激としてチーティングを行ってみてはいかがでしょうか。



 

宇都宮のパーソナルトレーニングジム ボディライブ
 

詳しくは下記のリンクから
 

ボディライブホームページトップ

COMMENTコメント

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して宇都宮☆マンは一切の責任を負いません