宇都宮市の穴場求人・厳選されたお店のお得な情報が満載

 
那須ブラーゼン コラム【第15回】 若杉厚仁社長コラム
 

◎那須ブラーゼン 若杉厚仁社長コラム

Text/若杉厚仁


あっという間に駆け抜けた夏。気付けばすっかり秋めいてきましたね。秋口には毎年、何か不思議
な物悲しさを感じてしまいます。

 
 


夏の中休みを終えて、シーズンは9~10月に再び最盛期を迎えるのですが、今年は残念ながら、
北海道地震の発生により、ビッグレースのひとつであるツール・ド・北海道が中止となりました。
レースが中止となったことが残念なのはもちろんですが、毎年、良い大会を準備して迎え入れてくだ
さる北海道の皆さんが被災されたということで、とても悲しく、改めて、心よりお見舞い申し上げます。



さて、あっというまに話が10月に飛びますが、10月といえば、日本が、そして栃木が世界に誇る
ビッグレース、ジャパンカップサイクルロードレースが開催されます。解説や、チーム関係者として
かかわることがほとんどである本大会ですが、いちサイクルロードレースファンとして、この10月の
ドキドキ感というものは、一年で一番といっても過言ではありません。



さらに、今年は参加チーム・選手数が大きく増え、一層の盛り上がりが予想されると共に、発表をご存知の
方も多いかと思いますが、今後、ジャパンカップサイクルロードレースは世界最高カテゴリーの「ワールド
ツアー」への昇格を目指すとのことです。これは、もういてもたってもいられない位のビッグニュースで、何せ
「ワールドツアー」に昇格するとなれば、さらにレベルの高い選手達が、層を厚くして栃木県入りするわけで、
最高のレースととてつもないお祭りになることが予想されるからです。



この夢の舞台を、県内ホームチームとして、これからも出場チャンスがある那須ブラーゼンの境遇というのは、
サイクルロードレース界の住人にとってはこれ以上ないものなのです。今年はどんなレースが繰り広げられるのか?
その中でブラーゼンはどのような成果を上げられるのか?そして、どんなワクワクする催しが自分達を待ち受け
ているのか?本当に待ち遠しいですね。



まだ、県内にお住まいでサイクルロードレースを生でご覧になったことが無い方には、是非、このジャパンカップ
サイクルロードレースでロードレース観戦デビューをされてはいかがでしょうか?私も、チームのブースや解説
ブースで皆さんの来場をお待ちしています♪





 
 
若杉厚仁
Wakasugi Atsuhito

Profile
1989年10月14日生まれ。千葉県出身。
宇都宮ブリッツェンでプロデビュー。
2013年に那須ブラーゼンに移籍、選手権取締役運営マネージャーに就任。
シーズン末に現役引退。
2016年より那須ブラーゼン運営会社「NASPO㈱」代表取締役社長を務める。