宇都宮市の穴場求人・厳選されたお店のお得な情報が満載

 
  宇都宮ブリッツェン コラム【第11回】  ツールド・とちぎ
 
◎宇都宮ブリッツェンコラム
 ツールド・とちぎ

Text/杏寿沙・Photograph/小森信道

 
 
栃木県内全市町を舞台とした国際公認サイクルロードレース「ツール・ド・とちぎ」。初日の個人タイムトライアルで2位という良いスタートを切った宇都宮ブリッツェン増田成幸選手。昨年発症し、闘ってきた「バセドウ病」。昨年のツール・ド・とちぎ後に判明したこともあり、初日の表彰台でのコメントに目頭が熱くなった方もいたのではないだろうか。


第3ステージで集団スプリントを制したのはチーム右京レイモンド・クレダー。この結果により最終リザルトは個人総合順位トップからプラス20秒の3位に。優勝は、マイケル・ポッター(オーストラリア、オーストラリアンサイクリングアカデミー)となった。ツール・ド・とちぎ開催中の3日間でロードレースを初めて見たという方も多く、魅力をわかっていただけたのではないかと思う。
 
杏寿沙
AZUSA

Profile
2015.2016シーズン、宇都宮ブリッツェンフェアリー自転車競技部として活動。現在はレディオベリーでリポーターとして毎週火曜日活動中。その他、栃木県内外でのイベントMCなどマルチな活動を展開中。