宇都宮市の穴場求人・厳選されたお店のお得な情報が満載

 
栃木ブレックスコラム【第13回】
 
◎栃木ブレックス コラム

しばしのオフシーズンへ
 
 
5月26 日、Bリーグ史上最多となる1万2千人の観客を飲み込んだ横浜アリーナでファイナルが行われ、アルバルク東京が千葉ジェッツに85-60 で勝ち、2年目のBリーグの王座に立ちました。


勝因はルカ・パヴィチェヴィッチヘッドコーチや選手が口をそろえる「どこにも負けない練習量」で培われた粘り強いディフェンス、そしてスカウティングに基づき千葉の選手の持ち味を徹底的に消し去った各選手の実行力だと思います。特に富樫勇樹選手に対し安藤誓哉・小島元基両選手がフェイスガードをかけていい形でボールを持たせなかったことが光りました。


私はスポナビライブ・DAZN などで流れる「公式映像」での実況を担当しました。オールスターに続いて頂いた大役を無事に務められたことにほっとしています。中継をご覧いただいたみなさん、ありがとうございます。


さてリンク栃木ブレックスは6月1日にスポンサーパーティー、翌2日にファン感謝イベントを行いました。そこでチーム内表彰が行われ、最も成長した選手を表彰する「MIP」に鵤誠司・生原秀将の両選手、おもてなしで活躍した「MOP」は3年連続で渡邉裕規選手、GM特別賞に数字に出ない献身的なプレーが光ったことを讃えて竹内公輔選手、そしてMVP には3ポイント王のリーグタイトルを獲得した喜多川修平選手が選ばれました。鎌田眞吾代表は「悔しい結果だったが最後まであきらめない姿勢など『ブレックスメンタリティ』を体現でき、来季につながる」。安齋竜三ヘッドコーチは「(チームが)成長した姿をお見せできたのではないかと思う。チャンピオンシップ(CS)に出たか出なかったかは雲泥の差。CS に出た経験を来季につなげる」とあいさつし、Bリーグ2年目・クラブ11 年目の歩みを締めくくりました。


さて3x3 のシーズンが始まります。BREX.EXE は東京五輪を目指す落合知也選手をはじめ多彩なメンバーが集いました。ぜひ7月末に宇都宮で開催される国際大会(3年連続開催)への出場を勝ち取ってほしいと思います。
 
篠田和之
Shinoda Kazuyuki

Profile
フリーアナウンサー。宇都宮出身。
とちぎテレビ「とちテレニュースLIFE」キャスター。
株式会社ラテールプロモーション代表取締役。
Jリーグ・Bリーグ・アイスホッケー・野球など多くのスポーツ実況を手がける。