栃木求人マーケットは栃木県宇都宮市の求人情報がどこよりも詳しく掲載

 
 
昨シーズンをもって引退を決意した今野充彬さん。

常に気持ちの入ったプレーを見せてくれたガッツマンが、
今シーズンから新アシスタントマネージャーに就任した。

「まだまだ勉強中ですが、
先輩マネージャーの清川(和彦)さんに色々と教わって、
よい準備をしてチームを支えたい」と気合い充分。
現役時代と変わらないひたむきな姿勢で、 バックスを支えてくれることは間違いない。
「悔いは何もないと言ったらウソになることは確か。
でも、プロ選手としてやるべきことは毎日しっかりとできていたし、 選手生活をやりきったという思いもある」。
度々ケガに見舞われた身体の状況もあり、 今シーズンどうするかを熟考していた。

ほぼ同時にチームからマネージャー就任へのオファーもあり、
「悩んだが、誰でもできる仕事ではないし、 バックスを支えるのはやりがいがあると思いました。
プロとして日光で戦ってきて、 このチームそしてファン・地域の方々への思い入れもあり、
今度はマネージャーとしてチームを支えようと思いました。

今は、早く一人前のマネージャーになれるよう日々取り組んでいます」と スタッフへ転身し、
新たな挑戦を始めている。この6月には、名古屋で行われたスクールに指導者として参加。
「教えるのは大好き。子どもたちが日々上手になっているのはとても嬉しいですね」
という今野さんのもとに子どもたちが集まって質問攻めにされるなど、
さっそく人気者なところを披露した。

「選手時代とは180 度見方が変わって 『こういうことだったのか』という部分もよくあります。
1年間通して一つひとつが勉強です」 と語る今野さんから、
最後にファンのみなさんへのメッセージをいただいた。

「6年間、アイスバックスでファンの方々と共に戦うことができて、 またあたたかく声をかけて頂き本当に光栄でした。
今後は清川さんとともにチームをしっかり支えたいと思います。
ぜひ会場で見かけた際は変わらず声を掛けてください」。

清川マネージャーによるTwitter での試合速報は名物となっているが、
今季はもしかしたら今野さんも担当するかもしれない。 ぜひそのツイートにも期待しよう。
関谷智紀Sekiya Tomoki
1971 年生まれ。埼玉県入間市出身。
スポーツ番組ディレクターを経てライターに転身。スポーツのみならず経済・IT、フードなどのジャンルで雑誌を中心に
記事を執筆。アイスホッケー取材は2004 年から続けている。