宇都宮市の穴場求人・厳選されたお店のお得な情報が満載

 
栃木SCコラム【第3回】
 
栃木SC

浜岡寛コーチインタビュー

勝利を手にするため、全力でプレーする選手。 しかし、試合中戦っているのは 選手だけではない。
監督やコーチといったチームスタッフも、 ベンチで戦っているのだ。
 

そんなスタッフの中で注目して欲しいのが、浜岡寛コーチである。
試合中は、情報伝達の為にベンチとアップエリアを行ったり来たり。
ゴールが決まった瞬間は全身で喜び、惜しいシュートシーンでは頭を抱えて悔しがる。
たった90 分で、アツい人だということが伝わってくる。
そんな浜岡コーチは、いったいどんな人物なのだろうか?


―現役時代はどんな選手だったんですか?海外でもプレーされていたと聞きました。
 ポジションはDF。タイプ的には削り屋ですね。若いときは、イキがいいと嫌がられることも多かったですが、海外では僕が大人しいぐらいでした。
実は、サッカーは得意じゃなかったんです。他のことはだいたいできるのに、サッカーはできなくて頭にきて。天の邪鬼なので、できないことを選択しました。うまくできていたら辞めていたと思います。

―練習の時、どの選手を見るという役割のようなものは決まっているんですか?
 はっきりとは決まっていません。ただ、監督(横山雄次)はまず試合に向かう。普段のトレーニングでは、攻撃陣は マツ(松田正俊ヘッドコーチ)、守備陣だったら僕が中心で選手たちをみています。試合のメンバーから外れた選手た ちのことも僕たちコーチみんなでみて、ケアをしています。

―先ほども、選手がクールダウンでランニングをしているとき、並走してずっと話していましたよね。
 あれは、結果的に長くなっただけで(笑)
調子どう?とかそんな感じです。喋るのも大好きなんで、つい長くなっちゃうんですよね。
あと役割でいうと、分析もしますよ。去年までいた奈良クラブ(JFL)では分析もやっていました。パソコンが好き で、結構得意なんですよ。
家族はみんな理系で、小さい頃は数学が大好きでした。みんな意外そうな反応をするんです が(笑)

―昨シーズンなかなか出場機会のなかった和田(達也)選手が栃木に来て初出場を果たし、結果も残してくれましたね 。
 はい、素直に嬉しかったです。僕自身エリートタイプではなく地道にやってきたタイプで、残って練習をするのも大好きでした。達也(和田選手)がそうしているのを見ると、声を掛けてあげたくなる。若干気持ちがわかるんですよね 。
もちろん、誰かが試合に出れば逆に出られない人間が出てくる。でも、それでいいと思うんです。競争なので。
下が腐ると上が伸びない、下が伸びると上が焦りますから。

―最後に、今後の目標を教えてください
 もちろん、チームの目標は優勝です。
それから、うちのチームのスタンスは、個人個人の成長。一人ひとりがパーセンテージを伸ばすことです。
僕は勢いばっかりになることがあるので、選手たちにちゃんと伝わるように修正したい。
伝わっている人には伝わっているけど 、伝わっていない人には伝わっていない。
結果的によくなればいいけど、伝わらないことでマイナスになる可能性もある。そこを指導者として、まず僕自身できないとことをできるように。
そこから、チーム全体をよくしていきたいですね。
 
1試合でベンチ入りできるのは、スタメン11 人と控え7人の18 人。当たり前だが、ベンチ外となる選手が出てくる。
そこで手を抜かずに練習に取り組むことが、起用されたときの結果に繋がるのだろう。
しかし、いつくるかわからないチャンスを待ちながら、手を抜かずに練習することは想像以上に大変なことではないだろうか。
そんなときに、チームスタッフたちのように「いつも見てくれている人」がいて声を掛けてもらえることは、選手の心の支えになるはずだ。
試合で選手が結果を残したときは、選手自身を称えると同時にチームスタッフの顔も思い出してもらいたい。
 
浜岡 寛
Hamaoka Hiroshi
1977 年1 月4 日生まれ。

ファナティコス(2006~2009) → 奈良クラブジュニア(2010) → 東京成徳大学高等学校(2012~2014) → 奈良クラブ トップチームコーチ(2015~2016) → 栃木コーチ(2017~)
 
◎栃木SC コラム
Text/平井久美子・Photograph/栃木SC
 
いよいよ、約1か月間の中断期間が明ける。
ここまでに、榊翔太、藤沼拓夢、ネイツ・ペチュニク、メンデスのFW3選手、DF1選手の加入が発表された。
7 月24 日時点の順位はリーグ17 チーム中4 位、失点数も4位。
だが、得点数は11位とチームの課題が表れている。

とにかく、得点が必要なのだ。
これからの戦い次第ではあるが、優勝には手が届く位置。
堅い守備に相手を脅かすような得点力をつけて、J3を優勝して欲しい。
 
 
平井久美子
Hirai kumiko

Profile
フリーアナウンサー。京都府出身。
栃木放送「ブリッツェンのイナズマRadio!!」パーソナリティ。
スポーツでは、栃木SC応援番組、実況中継・ピッチサイドリポート、高校野球、マラソンリポートなどを担当。 サッカー4級審判員、防災士、アロマテラピー検定1級、テレビ検定3級、元東京ドーム売り子