宇都宮市の穴場求人・厳選されたお店のお得な情報が満載

 
栃木SCコラム【第8回】栃木SC 橋本大輔社長コラム
 

◎栃木SC 橋本大輔社長インタビュー

Interview

Text/平井久美子・Photograph/栃木SC

 
 
 
昨シーズン、栃木 SC のホームゲームではさまざまなイベントが行われた。大声コンテストや私 服コーディネート選手権、スイカの早食い競争などバラエティに富んだイベントが盛りだくさんだっ た。こうした企画は、橋本大輔社長やフロントスタッフが意見を出し合い決めていくという。今回は、 J2開幕を控えた橋本社長に昨シーズンの手応えや今後栃木SCが目指すクラブ像について伺った。
 
 

ー開幕まで約1か月強。準備はいかがですか?

昇格決定がギリギリになったこともありますが、いざ昇格 するといろいろな準備があります。今シーズンのことはある程 度考えていましたが、急ピッチで進めています。ただ、チー ム強化に関しては順調です。強化の計画通りに進んでいると 思います。

ー昨シーズン、ホーム戦では様々なイベントが開催されま した。1万人の来場を掲げた「1万人プロジェクト」では、
見事目標を達成されましたね。手応えはいかがですか?


J3リーグ2年目で多くの人に来てもらえたというのは、J2 に行きたいというサポーターのみなさんの思いの表れだと思 います。より高みを目指せると確信しましたね。

ーより高みというのは、J1昇格ということでしょうか?

やはり、そういう声は多くのところからいただいています。 ただ、きちんと足元を見ながらクラブとして強くなっていかな いといけないと感じています。

ー最後に、今シーズンの橋本社長の目標を教えてください。

やはり「クラブとして強くなる」ことです。選手は、目の前 の試合に対してしっかり取り組んでいます。しかし、それだけ では「強いクラブ」にはならないと思います。会社も全ての 仕事に対して質を上げる。さらに、地域とスポンサーと協力 をしてクラブを強くして、機運を高める。クラブに関わる人み んなで上を目指したいです。
 
 
平井久美子
Hirai kumiko

Profile
フリーアナウンサー。京都府出身。
栃木放送「ブリッツェンのイナズマRadio!!」パーソナリティ。
スポーツでは、栃木SC応援番組、実況中継・ピッチサイドリポート、高校野球、マラソンリポートなどを担当。 サッカー4級審判員、防災士、アロマテラピー検定1級、テレビ検定3級、元東京ドーム売り子