[日光市足尾町 求人]足尾双愛病院 採用情報サイト

 

[日光市 準公的病院施設 求人]働きやすさとやりがいのあるお仕事。

医療法人社団 双愛会 足尾双愛病院

About US
What we can only do is
what you can do
 

私たちにしかできないことは、
あなただからできること

 
心から理念に共感できる病院で働きたい。
幅広い経験を積んでもっと成長したい。
魅力的な経営者のもとで働きたい。
そんな方こそ注目の病院があります。
足尾双愛病院であなたにしかできないこと、
あなただからできることを見つけてみませんか。
診療科目の枠組みを無くしているから、
ゼネラリストとして成長できる。
As an all-rounder
 
 
 

就職するなら
ここがベストと思いました


星岳留 看護師 2014年入職

新卒で当院に入職し、今年6年目を迎えました。
足尾双愛病院で働くことを決めた理由は、通勤可能エリアにある病院の中で、私にとってベストの病院と思えたから。
待遇・診療方針・評判・職場環境などあらゆる点で、ここがベストだと思いました。

足尾双愛病院ならではの特徴のひとつに、診療科目ごとの縦割りを廃していることが挙げられます。確かに診療科目はありますが、私たち看護スタッフは診療科目を横断して患者さんを看る形になっています。

スタッフ一人一人がオールラウンドにサービスを提供していかなければならないため、幅広い知識・スキル・経験が求められます。これは裏を返せばゼネラリストとして成長できる絶好の環境と言えると思います。

診療科目を横断してオールラウンドなサービスを提供するには、スタッフ全員が高いスキルを持ち、チームとして緊密な連携を取らなければなりません。

足尾双愛病院は設立以来40年、地域に根差した「おらが病院」として、全人医療・全人ケアを行うことを基本に歩んできた実績があり、スタッフ全員が高い意識を持つプロ集団と言えます。

誰からも認められる
看護師となることが目標です


「診療科目を横断して患者さんを看るなんて、毎日仕事に追われそう」
ほとんどの方はそう思うかもしれませんね。でもそんなことはありません。
スタッフ同士の連携が完璧に取れているので業務はスムーズですし、不測の事態に対しても全員が臨機応変に対応できる高いスキルを持っています。

なので仕事に無駄がなく、残業はほとんど発生しません。休日もしっかり休めますし、一般的なイメージとは異なりワークライフバランスは安定していると思いますよ。

最後に将来について。

今年で6年目を迎えましたが、自分にはまだまだ伸びしろがあると思っています。ベテランの先輩たちを見ていると、やはりもっともっと成長しなければと思いますね。

自分の課題というか、自分がどうなりたいのかについて言えば、すべての物事に対して思慮深く取り組み、やがて誰からも認められる看護師になりたいと思っています。

 
 
作業療法士と介護支援専門員。
2つの仕事を並行して行えるのは
ここだけ。
Multiple role
 
 
 

実習で訪れたこの病院が
私にとっての理想の病院でした。


遠藤 作業療法士 2010年入職

私が就職先にこの病院を選んだ理由は、ここなら自分は成長できると確信できたからです。大学時代の実習先が足尾双愛病院だったのですが、その時「いい病院だな」と心から実感できたので、就職先はここしかないと決めました。

具体的に言うと、まず「患者さんを見放さない」という基本理念に強く共感しました。医療とケアをセットで行える足尾双愛病院では、急性期→回復期→慢性期→帰宅(老健)まですべてのステージにおいての患者さんと関わっていくことができます。ここまで地域と一体化した病院がほかにあるだろうかと思いました。

さらに言えばスタッフの人間関係の良さも魅力でした。
実習初日のことです、緊張して固くなっていた私をすべてのスタッフが笑顔で迎えてくれたのです。わからないことだらけで戸惑う私に対して、丁寧に優しく声を掛けていただき「本当に暖かい病院だな」と思いました。

ここでしか
できない私の仕事


私は宇都宮市在住で、自宅から病院まで約60キロの距離を通勤しています。
「足尾双愛病院に就職したい」と両親に告げた時、当然のように反対されました。
「そんな長距離をクルマ通勤なんて」と両親は心配していましたが、私が病院の魅力について丁寧に伝えると最後は理解してくれました。

私は作業療法士と介護支援専門員の2つの資格を持っていますが、じつはこの2つの立場で仕事ができる病院は、私が知る限り足尾双愛病院だけです。たとえば病院でのリハビリを終えた患者さんが退院された後、自宅・施設においてのケアにも関わることができますし、患者さんの生涯に寄り添うことが可能です。

 
 
病院のすべてを知っているのは
管理栄養士かもしれない
The dietitian knows everything
 
 
 

「人を笑顔にする仕事がしたい」
それが私の夢でした。


吉川凡 管理栄養士 2015年入職

美大にて建築デザイン専攻。卒業後働きながら建築士を取得し、設計事務所等で働いていました。
ある時家族の栄養指導に立ち会い、栄養士さんの言葉で不安が笑顔に変わるのを目の当たりにしました。感謝と共に心理学に興味があった私は栄養士という職業に興味を持ちました。

「考えるより行動」を絵に描いたような私。介護施設でバイトを始め、4月からは栄養士課程のある短大に入学。卒業後は委託給食会社に就職。
4年の実務経験を積み、栄養指導をするために管理栄養士の国家試験にチャレンジ。

その後無事に資格を取得できたのですが、栄養士として厨房内作業が中心だったため、患者さん・スタッフと十分に向き合うことができませんでした。そんな不満を感じていた時に足尾双愛病院の求人を知り転職を決めました。

転職して5年。
今はヤリガイしかありません。


病院での患者さんへの栄養サポートの考え方としてNST(Nutrition Support Team)でのアプローチがあります。
NSTは入院患者様の栄養状態の評価、適切な栄養療法の提言・選択・実施を医師、看護師、薬剤師、管理栄養士、臨床検査技師、理学療法士、言語聴覚士、歯科医師、歯科衛生士などで構成された医療チームで行うことを指します。

全人医療・全人ケアを行う足尾双愛病院でも同様のアプローチを目指しており、私は管理栄養士として病院内の全スタッフと緻密に連携しながら患者さん一人一人と日々向き合っています。きっと病院内でもっとも動き回っているのは私でしょうね(笑)

ヤリガイに
満ちた職場


足尾双愛病院は介護老人保健施設、デイサービス、グループホームも併設しており似ているようでも仕事の幅はとても広いです。言い換えれば幅広い経験から目標を立てやすい環境であり、管理栄養士としてのヤリガイに満ちた職場と言えると思います。

最後に転職を考えている方へ。この病院で働くメリットを挙げるなら、それは私と働けるということ(笑)笑顔にしたい人の中にはスタッフも入っています。冗談に聞こえるかもしれませんが、楽しく・真面目で・一生懸命な私のパートナーになってください。

 
 
医療従事者として
あるべき姿でいられる場所
Greeting
 

地域と、そこに暮らす人とともにある病院として

 

足尾双愛病院院長・赤松郁夫

足尾双愛病院のある日光市足尾地区は、かつては銅山の町として知られていました。
銅山全盛期の1900年代前半には、宇都宮市に次ぎ人口3万8000人超を擁するほどの町でした。

 

しかし1973年の足尾銅山閉山以後は過疎化の一途を辿り、現在では人口2000人を割るまでに。さらに人口の多くを65歳以上の高齢者が占め、国の予測では2035年には高齢者1000人と言われています。

「住民のほとんどが高齢者」という特殊な地域では、病後の高齢者の生活を支える介護事業者が単独で事業を継続させることが困難であり、私たち医療機関が治療と介護をパッケージでサービス提供する以外にありません。

全人医療・全人ケアこそが私たちの基本方針です。足尾双愛病院では医療、療養、老健、グループホームの入院・入所施設事業に加え、通所介護・訪問リハビリなどの在宅支援事業も展開し、足尾地区の医療・介護のすべてを担っており、今後も更なる在宅事業の拡充を目指します。

 

一度しかない尊い命をみんなで守る。

これが足尾双愛病院の義務であり、すべてのスタッフの胸に刻まれた理念です。
私が日頃スタッフたちに伝えていることが2つあります。
それは、自分が納得できる仕事を決して怠らないこと、「自分は必要とされる存在である」と己を信ずる心を大切にすることです。

最後に求職者のみなさんへ。

足尾双愛病院は足尾という過疎地域にある古い病院です。しかし高いスキルを持つスタッフたちと住民が一体となって、全人医療・全人ケアを実現しています。
また当院は人の和を大切にし、新たに仲間になる方をずっと以前からここにいる友としてお迎えします。足尾双愛病院でのひとつひとつの経験は、あなたにとってかけがえのない財産となるはずです。

足尾双愛病院で働く魅力
The charm
 
  • ☑ 無資格・未経験からでも医療のプロを目指せる ・教育機関との連携により働きながら資格取得OK
    たとえば新卒で就職後、働きながら正看護師の資格を取得できます
    ・スタッフの出身地域は多彩です。 医療のプロフェッショナルを目指し、他県から多くの人が就職しています。
  • ☑ 社員宿舎完備・費用は格安 ・通勤が難しいという方は即入居可
    家賃は1万1000円と超格安。
    ファミリータイプの間取りもご用意していますので、ご家族での入居も可能です。
  • ☑ 交通費は上限5万円まで全額支給 ・公共交通機関利用の場合で計算し、全額を支給
    クルマ通勤でもガソリン代に足が出ることはありませんのでご安心を。
  • ☑ 充実の諸手当 ・各種手当の詳細な金額を条件とともに明示 ・年齢別のモデル賃金
  • ☑ くだらない人間関係のトラブルとは無縁 ・真摯に仕事に向き合うプロとして、スタッフの和こそが基本という考え方が浸透
    医療機関にありがちな派閥同士の争い、いじめなどは一切ありません。
    新卒からベテランまで全員が地域医療への貢献という軸で結ばれており、人間関係の良さには定評あり。

  • ☑ 一人の患者さんと最期まで向き合える医療 ・定められた範囲の仕事をしながら、幅広い経験とスキルアップが可能な環境
    足尾双愛病院はまさに医療従事者にとっての理想を実現可能な病院です。
    高い理想、高スキル人材、抜群の設備のすべてが揃っています。

スタッフからはこんな声も
Voice
 
  1. 通勤時に狸、鹿など野生動物と出くわすことも。
    天然のサファリパークと思えば長距離ドライブもこれまた楽し。
  2. 敷地内に広くて綺麗な中庭あり。勤務の合間のささやかな休息はここがおすすめ。
  3. 病院周辺にはほとんど商業施設はありませんが、味自慢のコロッケ屋さんがあります
  4. 窓から外を眺めればそこには足尾の自然豊かな風景が…。
    春は木々の芽吹き、夏は光と自然のコントラスト、秋は一面の紅葉、そして冬には薄っすら雪景色を見ることも。
    都会の喧騒に疲れた方にとってはまさに癒しの光景です。


  5. 病院近くに市営の天然温泉施設あり。帰りに一汗流してリフレッシュ!
 
 
  • 一度当院を見学してみませんか
  • もっと詳しく知りたい!
    スタッフの方に話が聞きたい!
    現場を見てみたい!
    足尾という町を感じてみたい!
 
 

INFOインフォメーション

名称 医療法人社団 双愛会 足尾双愛病院
(イリョウホウジンシャダン ソウアイカイ アシオソウアイビョウイン)
電話 0288-93-2011
FAX 0288-93-4713
住所 〒321-1515 栃木県日光市足尾町砂畑4147-2

MAP&ACCESSアクセス

TEL:0288-93-2011