保育士さん募集! バンビーニゆめ│「自分で考え、決定し、行動する力」を育む保育園。 

 

モンテッソーリ教育を実践する保育園「バンビーニゆめ」

社会福祉法人 聖会 バンビーニゆめ

モンテッソーリ教育の実践により
子どもたちの自立心を育む
Montessori Method

「自立し、有能で、責任感と思いやりを持ち、生涯学びの姿勢を忘れない人間を育てる」
20世紀初頭にイタリアの医師マリア・モンテッソーリにより考案された教育メソッド:モンテッソーリ教育。
日本では幼児教育メソッドとして知られていますが、欧米では人間として完成する24歳頃までの発達段階を4つに分け、段階ごとに構築された教育メソッドとして実践されています。

前アメリカ合衆国大統領バラク・オバマ、マイクロソフト社の創業者ビル・ゲイツ、ハリウッドスターのジョージ・クルーニーなど多くの著名人が現在の成功の背景にモンテッソーリ教育を受けてきた影響があると言及しており、日本でも天才棋士・藤井聡太七段(2019年8月現在)が幼少期にモンテッソーリ教育を受けたことは有名です。

「バンビーニゆめ」は「元気に遊べる子ども」「思いやりのある子ども」「自分でしようとする子ども」という3つの保育目標を掲げ、子ども一人一人の個性を尊重した保育を行うべくモンテッソーリ教育メソッドを実践しています。

 
 
 
こどもへの敬意と信頼
クラスは異年齢混合となっています。
年下の子は年上の子を見て学び、年上の子は年下の子を世話し、お互いが学び合い成長していきます。
また農園、戸外での様々な活動をたくさん体験していく中で自ら成長・発達する力を育んでいきます。
様々な活動を通して、子どもたちに五感を使った体験を楽しんでいます。
モンテッソーリ教育の実践において重要なのは、まず子どもに敬意を払い、子どもを信じること。
「○○しなさい」という指示はせず、見守り、信じて待ちます。保育士の役割となるのは子どもたちの知的好奇心が自発的に表れるよう、発達段階に適した環境を整えること。
たとえば教具などをただ与えるのではなく、子どもが自分で自由に選べて且つ使ってみたいと思わせるような魅力的な教具を揃え、子どもの自発的な成長を援助する者として寄り添います。
子どもの「自分で成長する力」
クラスは異年齢混合となっています。
年下の子は年上の子を見て学び、年上の子は年下の子を世話し、お互いが学び合い成長していきます。
また農園、戸外での様々な活動をたくさん体験していく中で自ら成長・発達する力を育んでいきます。
様々な活動を通して、子どもたちに五感を使った体験を楽しんでいます。
クラスは異年齢混合となっています。
年下の子は年上の子を見て学び、年上の子は年下の子を世話し、お互いが学び合い成長していきます。
また農園、戸外での様々な活動をたくさん体験していく中で自ら成長・発達する力を育んでいきます。
様々な活動を通して、子どもたちに五感を使った体験を楽しんでいます。
一人一人に寄り添う教育
クラスは異年齢混合となっています。
年下の子は年上の子を見て学び、年上の子は年下の子を世話し、お互いが学び合い成長していきます。
また農園、戸外での様々な活動をたくさん体験していく中で自ら成長・発達する力を育んでいきます。
様々な活動を通して、子どもたちに五感を使った体験を楽しんでいます。
子どもたちはそれぞれ自己教育力を持っています。
私たちは子どもの人格を尊重し、子どもが自分で考え、決定し、行動できる環境を整え、自立を援助し、豊かな人間性を持った子どもに育成したいと考えています。
 
 
スタッフにとっても
最高の環境を用意したい
 
 基本残業ゼロ
事務作業やイベントの準備など保育士は残業が多いといわれますが、当園は基本残業なしです。
月に1~2度イベントの打ち合わせなどを行う以外には残業はありません。今年度の実績では個人の最大残業時間は月間5時間程度となっています。
 休みはたっぷり
年間休日126日

休日は完全週休2日(交替制)で、2019年の休日予定。
休日出勤の場合は振り替え休日が取得できます。
一般的に保育士はワークライフバランスが取りづらいと言われますが、当園ならゆとりある働き方が可能です。
 業務効率化を推進
保育士の業務負担が増える要因として、職場の連携不足による個人への業務集中がありますが、バンビーニゆめでは設立当初より組織連携につとめ、業務効率化を進めてきました。
さらに2017年より保育業務支援クラウドサービス「ChiReaf Space」を導入しました。
さらなる業務効率化へ向けての取り組みを進めていきます。
 子どもから
学ぶことへの気づき

保育士のほとんどが自ら子どもを持つ一人の親。
仕事としてモンテッソーリ教育を実践していく中で、自らの子育てに使えることが日々発見できるといいます。
保育士としても、親としても成長できる環境です。
 
 
 
五感で感じる教育
 
 
 
 
様々な行事の様子
「バンビーニゆめ」では、
保護者の方々と
共に育ち合う機会を持てるよう
「手作りの行事」を心がけています。
 
ゆめたんぼでの米作り体験(4月~10月)

季節ごとのコメ作り作業を体験します。
毎日食べているお米がどのようにして作られるかを知り、自然の恵みを五感で体感していきます。

樹林地での森を体験

長岡町にある樹林地へバスで行き、散策、ザリガニ釣り、芋ほりなどその時期折々の活動を行うことで自然にふれ、楽しんでいます。

ホタル観賞会(6月)

稲づくりを行っている茂木の棚田にて親子でのホタル観賞会を行い、暗闇の中を多くのホタルが飛び交う様子を見守ります。

スキー教室(2月)

年に1度の冬山スキー体験、慣れない板の上で雪の上を滑るという非日常を思う存分楽しんでいます。

 
 
 
求めるのはこんな方
 

「自分で考え、決定し、行動する力を育む」という当園の保育方針に共感していただける方

学びの意欲旺盛な方

子どもから学ぶという謙虚な心を持っている方

子どもを見守り、信じて待つという保育を実践できる方

コミュニケーションスキルの高い方

広い視野を持って仕事に取り組める方

周囲との協調を大切にできる方

ワークライフバランスを重視した働き方がしたい方

 
先輩の声
 
濱野美咲 23歳 2019年4月入社

 

イメージ

主な仕事:3歳児クラス担当

応募のきっかけは、知人に紹介され、園を見学した際、子ども一人一人がが自立しており、自分でやろうとする姿に感動しました。

子どもと1日1日を過ごす中で小さな成長でも見守っていけることにやりがいを感じています。“先生できた!”とキラキラした目で教えてくれる姿に毎日刺激をもらっています。

 
松本実華 24歳 2018年9月入社

 

イメージ

前職は一般企業勤務

前職は子どもと関わる事業の会社で働いていました。
仕事柄子どもと接する機会が多く、次第に子どもたちの成長に関わる仕事がしたいという思いが強くなり、昨年「バンビーニゆめ」に転職しました。

転職の決め手となったのは、見学に訪れた際に他の保育園とは比べものにならないほど保育士さんたちの雰囲気が落ち着いていたことと、モンテッソーリ教育という「子どもと共に成長できる環境」がとても魅力的に感じられたから。

転職して約1年、自分の選択は間違っていなかったなと思います。毎日子どもたちが笑顔で帰っていく姿を見るたび「今日一日を楽しく過ごせてよかったね」と充実感を感じるんです。
また、モンテッソーリ教育の研修で独自の教育法を習得できるのは、自分の成長を実感できる良い機会だと思います。

 
河本 亜希子 38歳 2019年入社

 

イメージ

遅番業務、おやつの補助か後片づけ、オムツ替え、リーダー保育士の補助(絵本読み聞かせ、手遊びなど)を担当

きっかけは、主人の転勤に伴い、引っ越しをしたため、前職を退職し、当園に入社しました。
園見学に行った際、子どもたち一人ひとりがとても落ち着いていて月齢に応じた保育内容や、食事の準備なども子どもたちが進んで行えるような工夫がなされていてステキな園だなと感じました。

モンテッソーリ教育を中心にかかわり、子どもたち一人ひとりに寄り添った保育が魅力的です。

仕事のやりがいは、子どもたちから見たい絵本や手遊びなどしてほしいことのリクエストがあり、一緒に楽しむ時間と子どもたちのキラキラした瞳と笑顔がたくさん見れた時にとても幸せを感じます。

 
 
 
園長からのメッセージ
 
イメージ

昭和40年当時認可保育園が少なく、0歳児保育、障がい児保育の受入がない時代、保育の必要性を感じ、宇都宮市一条町に無認可保育園「一条保育ホーム」を故 萩原聖子が開設したのが「バンビーニゆめ」の始まりです。

子どもの可能性を信じ一人ひとりを尊重した家庭的な雰囲気の中での保育は今もつながれています。
元気な子ども、思いやりのある子ども、自分でしようとする子どもが保育目標です。特にBy My Self「自分で」を大切にしています。

モンテッソーリ教育、リズムあそびを保育の柱にSTEP(Systematic Traning Ehective Parenting)子どものやる気を上手に育てる親のためのトレーニングを保育士の学びにしています。

「生きる力」「幸せな大人になる使命」を持って生まれてきた子どもたち。
時代が変わっても変わらない子どもの育ちにあたたかいまなざしを、創設者の想いを一緒につないでいきませんか。

園長 荻原 里子
イメージ

昭和40年当時認可保育園が少なく、0歳児保育、障がい児保育の受入がない時代、保育の必要性を感じ、宇都宮市一条町に無認可保育園

「一条保育ホーム」を故 萩原聖子が開設したのが「バンビーニゆめ」の始まりです。

子どもの可能性を信じ一人ひとりを尊重した家庭的な雰囲気の中での保育は今もつながれています。
元気な子ども、思いやりのある子ども、自分でしようとする子どもが保育目標です。特にBy My Self「自分で」を大切にしています。

モンテッソーリ教育、リズム運動を保育の柱にSTEP(Systematic Traning Ehective Parenting)子どものやる気を上手に育てる親のためのトレーニングを保育士の学びにしています。

「生きる力」「幸せな大人になる使命」を持って生まれてきた子どもたち。
時代が変わっても変わらない子どもの育ちにあたたかいまなざしを、創設者の想いを一緒につないでいきませんか。

園長 荻原 里子
 
 
ちょっと細かいけど、
「バンビーニゆめ」は
ここがおススメ!
 
  1. 電子レンジ・電気ケトルがある
  2. トイレは全てウォシュレット
  3. オータニまで徒歩10分以内・コンビニも徒歩5分にあるから便利
  4. 近くにうまいラーメン屋がある!
  5. 駅から近い
  6. おいしいケーキ屋が近くにある
  7. 誕生日に花束をもらえる
  8. きれいな職場
  9. 研修が充実
  10. 白の服に黒のズボンと分かりやすく、簡単な服装で仕事ができる
  11. 先輩方が優しい、フォローも充実

INFOインフォメーション

名称 社会福祉法人 聖会 バンビーニゆめ
(シャカイフクシホウジンヒジリカイバンビーニユメ)
電話 028-633-1821
住所 〒321-0954 栃木県宇都宮市元今泉1391-5
公式URL http://banbi-niyume.jp/

MAP&ACCESSアクセス

TEL:028-633-1821